診療内容 - かわむら歯科医院 | 三重県四日市市

診療内容

一般歯科

一般歯科治療とは、その名のとおり一般的なお口の中に関する治療のことをいいます。
一般的な保険治療としては、虫歯の治療や、歯周病の治療、歯の根の治療、入れ歯の治療、保存できない歯、親知らずなどの 抜歯などを行います。
虫歯の進行状態により、すぐに修復できる時と根管治療を必要な時があります。
根管治療終了後、金属をつめたり、被せたりします。
また、歯周病の患者さんには1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月検診を行ない、フォローしています。
●自費診療は主にフレキサイト義歯、ホワイトクラスプ、ホワイトコート、 ハイブリットインレーやメタルボンド等を取り入れています。

一般歯科


入れ歯

入れ歯

入れ歯とは 虫歯や歯周病が原因で歯を失った時に作成して入れるものです。
残っている歯の状態により、必ずしも入れ歯になるとは限りません。
一般的には連続して3歯以上失った時や奥歯を2歯以上失った時に入れ歯を入れます。

入れ歯の特徴として、残っている歯を失った時には修理が可能です。
保険の入れ歯に力を入れていますが、奥歯2,3歯失った時には自費診療のフレキサイト義歯が好評です。
バネのない義歯です。入れ歯のピンクの床も薄くできます。
残存している歯の状態により、できる時とできない時がありますので、お気軽に ご相談くださいね。


小児歯科

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。
乳歯の虫歯予防に努め、永久歯に全部生え換わる迄の予防処置など最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、 健康なお口の状態に育てることを目標にしています。
乳歯の時に なんでもよく噛む習慣をつけるように 指導しています。
顎の成長により永久歯の歯並びがすごく影響するからです。
来院ごとに お口の中のブラッシング状態をチェックし できるまで何度も指導します。
歯質の強化のため、フッ素塗布を定期的にされることを推奨しています。
お気軽にご相談してくださいね。

小児歯科

きれいな歯を

審美歯科

口元の美しさを意識してみませんか?
虫歯になった歯に、白いかぶせ物を入れたり、上の歯を削らずに白くコーティングするホワイトコートをします。
白さを維持するために ブラッシング指導を強化しています。
歯ブラシの当て方、附属用品の使い方やおすすめの歯磨剤の説明をします。

仕上げ磨きは、いつまで必要ですか?

小学校4年生くらいまで、完全に永久歯に生え変わるまでは、お母様方による仕上げ磨きも大切です。
できれば毎日が良いのですが、少なくとも週に1回は仕上げ磨きでチェックすることをおすすめしています。
乳歯が抜けて永久歯が生えてくるとき、しっかり噛んでいれば歯の汚れは多少、流れていきます。
噛んでないと、汚れは口の中に停滞したままになっています。
そのような歯を、毎日きちんと磨く必要があります。
自費でフッ素を塗ったお子様にも、できるだけ3ヶ月に1回はクリーニングでの来院をおすすめしています。
大人になって初めて習慣付けしようとしても長続きしません。小さいころに予防の習慣が身についていれば、大人になっても無理なく続けられます。

歯磨きの正しい仕方ってあるのでしょうか?

歯磨きというと口を開けて磨くイメージが強いと思いますが、開けて磨くと口の周りの筋肉が緊張して固くなってしまいます。
歯の外側を磨くときはできるだけ口を小さくして磨くと周囲の筋肉を和らぎます。
また、口を開けて磨くと歯と歯茎の境目にブラシが当たっていないことが多く、特に歯の外側は口を小さくして磨くことを意識して行っていただきたいと思います。
当院では、大人とお子様のブラッシング指導も行っています。